たんぽぽコーヒーの効果。コーヒー好きな妊婦さんにもおすすめです

可愛い名前のタンポポコーヒーってご存知ですか。

もちろん本物のコーヒーではありませんが、その風味がコーヒーの味わいにとっても似ているんですよ。

今では、コーヒー好きな妊婦さんが飲むお茶として有名かもしれません。
コーヒーのような琥珀色をしていて、ほろ苦さのある味わいもまるでコーヒーそっくりなんです。

世界で最初にタンポポコーヒーが生まれたのは、ヨーロッパのポーランドだと言われています。
昔は本物のコーヒーってとても貴重な飲み物。貴族階級のような人しか飲むことができなかった時代でした。そういえば、「珈琲」という漢字は王という字が入っていますよね。
これは、「王様の飲み物」ということを表しているからなんだそうです。
このコーヒーの味を国民にも味わってほしいという思いで当時のポーランド国王が考えたのが、このタンポポコーヒーだったそうですよ。

もともとたんぽぽという植物は、中国でも古くから漢方薬として使われているそうで、ヨーロッパでも薬草として知られていて、実際に食用としても利用されてきました。

タンポポコーヒーは、タンポポの根を焙煎したもので、その栄養価は素晴らしく、とくに女性にはいいことづくめの飲み物なんです。
そして普通のコーヒーと違ってノンカフェイン。もちろんコーヒーではないのでカフェインも入っていないんですが、コーヒーが好きだけど、妊娠中や授乳中だからどうしても飲めない…といった女性にはとてもありがたいものかもしれませんね。そしてタンポポコーヒーは、身体を温めてくれる働きがあります。

普段飲むコーヒーは、赤道直下の熱い地域で栽培されているものですよね。
熱い場所で育つ作物やフルーツなどは身体の温度を下げる働きがありますので、コーヒーは本来、身体を冷やす飲み物ということになります。

最近では女性だけでなく男性にも多い冷え性ですが、コーヒーも飲みすぎはよくありません。
熱い熱いと夏場にアイスコーヒーばかり飲んでいると、思った以上に身体の内部は冷えているかもしれません。

タンポポコーヒーは、たくさんコーヒーを飲みたい!という時の代用品としても美味しく飲むことができるんです。

他にもタンポポコーヒーには嬉しい効能がたくさんあります。
コーヒーもそうですが、タンポポには強い利尿作用があるそうです。これがむくみにいいそうで、利尿作用のおかげで腎臓の負担も軽くしてくれるんです。
タンポポの葉や茎には胃の働きを活発にする働きや、肝臓病の改善にも効果があるとされていて、身近に見かけるものですが、実は驚くべきパワーを持った植物だったのです!

タンポポコーヒーの材料になるタンポポの根には、他にもすごいパワーがあって、タンポポの根のエキスには発毛作用があることが分かりました。

昔の人も、これらのすごい効能をちゃんと知っていたんですね。

タンポポコーヒーの作り方は、まず収穫した根っこをきれいに洗ってからよく乾燥させます。
乾燥させた根に火を通して煎っていき、冷めてからミキサーなどで砕いて粉末状にして飲みます。
こうしてみると、本物のコーヒーを作る過程ととてもよく似ていますね。

確かに飲んでみると、コーヒーのようないい香りと同時に焙煎された香ばしい風味が漂います。
寒い冬にホットコーヒーを飲むと、飲んだ瞬間は温かいのですが、しばらくしてゾクッとすることがありませんか。こんな時もうまくタンポポコーヒーを活用してみるといいかもしれませんね!

探してみると、意外と近くのお店で販売されていたりします。
飲みやすいように紅茶のティーバッグのようなタイプもありますので、寒い時期にはコーヒーと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA