VAULT COFFEE 秋葉原の隠れ家カフェ

秋葉原と言えば電気街やオタクカルチャーの街というイメージが強いですが、その中心である中央通りにあるフィギュア等を取り扱うショップ「リバティー」5号館ビルの3階に、このVAULT COFFEEはあります。

 

正面から見ただけではただのリバティーのビルに見え、VAULT COFFEEの看板自体もビル横にある細い路地側の入口前にしか置かれておらず、外から見ると殆どお店の場所は分からないという完全隠れ家仕様のお店。

 

店内は縦長に広がっており、手前にカウンター席、奥に4人掛けのテーブル席が2席と、更に奥の窓際に、秋葉原の街を見下ろせる横並びの2人席があります。広々としてスッキリした店内は、ひとりでゆっくり過ごすお客さんや打ち合わせに使用するビジネスマンが多く、落ち着いた雰囲気で秋葉原にいることを思わず忘れてしまいます。

 

何と言ってもこの喫茶店の特徴は、厳選されたカップオブエクセレンス(COE)が飲めること。COEは国際品評会で認められた最高品質のコーヒーです。カフェの代表であるバリスタの坂本さんが元々店長をしていた門前仲町・東亜珈琲の厳選されたCOEが提供されており、抽出時に使用するフィルターも東亜珈琲のものを使用しており、奥深いコクと爽やかな酸味が特徴の美味しいコーヒーが淹れられます。

 

席に着くとメニューが渡されるのですが、店員さんによってはフードや基本的なドリンク(ブレンド、アメリカン、その他ソフトドリンクなど)が載っているメニューしか渡してくれないことがあるので、COEなどその時お店にある豆の種類が載っているメニューを見たい場合は「コーヒーのメニューください」と一声かけてみてください。写真アルバムサイズのコーヒーメニューが貰えます。原産国と農園の名前、味の特徴が書かれたメニューなので、じっくり読んでお好みの一杯を頼みましょう。

 

コーヒーのお味は全体的に酸味がありフルーティー。浅煎りのサードウェーブコーヒーです。COEのお値段は500〜700円とお手軽。
また、特筆すべきは純喫茶のようなフードメニューです。トースト系のメニューがたくさんあり、食事もしっかり摂ることが出来ます。バタートーストやピザトーストと言った古き良きメニューもあるのですが、筆者のオススメは「ハニーゴルゴンゾーラトースト」。

 

程よくとろけたゴルゴンゾーラチーズが乗ったトーストにハチミツが添えられており、お好みでかけつつナイフとフォークで食べていく仕様で、これが大変美味しいのです。ドリンクとセットで780円、COEを頼む場合はプラス100円。結構ボリュームがあり、ランチにピッタリです。

 

ただ、平日お昼に行くと基本的に店員さんがお一人でやられており提供スピードはゆっくりめなので、休憩時間がシビアな会社の方はお昼休みに立ち寄るのは注意した方がいいかもしれません。また、以前から気になっているタコライスは、いつ頼んでも品切れとのことなので、もしかしたらいつも用意が無いのかもしれません。他のフードが美味しいので、いつか食べてみたいものです。

 

そんなVAULT COFFEEの秋葉原とは思えぬ静かで落ち着いた店内は、会社の休憩時間や買い物の途中ひと息つきに立ち寄るのに大変オススメ。

 

コンセントやWi-Fi使用もOKなので、スマホの充電がてら、あるいはノマドワークをしに来たりと、様々な利用方法があります。滞在2時間ごとに1オーダーする必要があるのですが、いつまでも長居したくなるような、そんな素敵な空間です。

Vault Coffee
住所:東京都外神田4-5-1 リバティー5号館 3階
電話:070-6442-9204
営業時間:11:00-22:00
定休日:無休
URL:https://twitter.com/vault_coffee

11:00-18:00 禁煙(室外喫煙可)
18:00-22:00 喫煙可
電源・Wi-Fi有り

コメント

タイトルとURLをコピーしました