コーヒーが飲めない私の体質面での悩み

※下記は個人の体験談をもとに書かれています。

 

1.私がコーヒーを飲めなくなったきっかけについてです。

 

これは今から約25年以上もの前の昔の話になります。当時の私は高校卒業後において大分県内にある陸上自衛隊への入隊を行い、約6か月の教育隊での訓練を受けてから正式な部隊への配属となりましたが、そこでは多くの先輩方がコーヒーを飲むので、とても不思議でなりませんでした。

 

というのも、実は私自身はあまりコーヒーを飲めるような体質ではなく、ミルク入りの缶コーヒーの小サイズをたまに飲むくらいでした。そういった事情などもあり、あのネスカフェなどのような自分で入れて作って飲むようなコーヒーなどをほとんど飲んだりしたような事とかはありませんでした。また、そのようなタイプのコーヒーを飲んだりすると、ニキビが出来るような体質がありましたので、人から勧められたりしない限りは部隊内でもなるべく飲まないようにしていました。

 

そして約2年間の自衛官生活を終えてそこを満期退職をし、故郷である鹿児島県内への帰郷を行い、地元の電子部品工場への再就職を行い、そこの工員として働く事になりました。しかし、やはり連日のブラックな会社側による社員への長時間にも亘る明らかに労働基準法に違反をする酷使振りや、そこで夏場での、3交替勤務時の最中におけるのどの渇きなどの際に、私はある日、事前に購入をした1.5L程度のぺットボトルコーヒーを眠気覚ましを兼ねて、飲みながら工場内においてのオペレーティングの仕事へ従事をしました。すると、この事が災いをして、なんと翌日家で自分の顔中にニキビが一気に出来、これはただ事出は無いと思い、会社へ休む連絡をしてそのまま家族とともに病院へ向かった事がありました。そして内科医の先生の診断を受ける事になりましたが、採血や血圧、栄養バランス面においての分析結果などから、栄養の摂り過ぎはもちろんのことそれだけではなく、その当時の現在において働いている工場内での過酷な労働面でのあり方そのものもである事を私に伝えました。

 

先生によると、もちろんコーヒーを飲めない私自身の体質なども原因であるが、それに加えて工場内での長時間による酷使する事業者側による扱い面により、私自身の体調などへも影響が出ており、そうした中1.5L入りのブラックのコーヒーを一気に飲んだりしてこのような症状になった可能性があるとの事でした。それを聞いて、私はやはりこのまま勤めを続けて大きなケガなどをしたくはないなどと考えて、そこを辞める事を決心し、2日後に退職届を出す事にしました。

 

このように、若い頃の苦い経験から、それ以来今まで私は缶入りの小サイズのミルク入りのコーヒーしか飲まないような気質になり、粉入り用のものにはある程度アレルギーを感じるようになって飲まなくなりました。これが、具体的な私自身が今日までコーヒー類を飲まなくなったりした大きな原因といえます。

 

2.なぜ、缶入りのミルク入りのコーヒーのみがOKであるのか

私個人としてはこれまでの様々な職場での経験から、コーヒーは缶入りでミルクブレンドタイプのコーヒーしか飲まないようにしてきました。粉末状のものを飲んだりすると、今でもニキビと思われる出来ものが顔にできたりするからでした。この判断は、自分なりに正しいと考えています。

そして、コーヒー好きで顔にニキビが多い方へ言いたいことがありますが、そうした方などは一度、コーヒーのの見方や種類を変えたり、あるいは現在所持している粉末状のコーヒーの飲み方をミルクを大量に加えてコーヒーミルクなどにしてみる等々、様々な工夫を起点を利かせたりしてされてみてはどうでしょうか。これらのようなやり方もコーヒーに対応していくやり方としてオススメしたいと私は思います。ニキビが多い方などはコーヒーをブラックで飲んだりする方が意外にも多い感じがしますので、ミルク割りやコーヒーミルクのカタチで飲んだりしたりすることをがベストかもしれません。私の経験からしても、これがコーヒーアレルギーやコーヒー嫌いなどを克服したりするような一番近道であるような感じが一見するとするような感じがありますが、実はまた、ここで大きな課題が出てきます。実は、このコーヒーをブラックで飲むニキビが多い方に限って、なんと、ミルクやクリープ、生の牛乳などが苦手な方が多いなどといった現状があります。さらにそれだけではなく、乳製品類にアレルギーを感じる方やそれが過剰な方なども存在したりしていますので、本当に困った実状であるのが現実といえます。このような場合には一体どのようにしたらよいのか、実は解決にうってつけな方法がありますので、今からその最善の克服方法について触れたいと思います。

3.乳製品類が苦手な方のコーヒー類の飲み方について
これは現在私も実際に、日常のほとんどにおいてしてきている事ですが、実は低脂肪牛乳を購入し、それを使用してコーヒーを飲んだりして以来、コーヒー類を飲んだりしてもニキビが出来なくなりました。正直自分でも大変驚いてはいますが、実はこれには科学的な根拠があるようです。今からこの事について、詳しく触れてみます。一般的な市販の低脂肪性のもの以外の普通の牛乳などは大変カロリーが高く、中には通常の搾った牛乳の濃度よりも高い化学カルシウムが加えられている事が多いそうです。実はこれが、牛乳アレルギーの方の体質的原因の主なものの1つであるとされています。これがために、そのままの製品の状態で飲んだりするとアレルギーを起こし、様々な拒否反応を起こして体調不良になってしまうそうです。そして、幼い頃にこのアレルギーに罹ると、中々治癒をさせたりする事なども難しくなり、その状態が一生続いていくものと言われています。そうした事情から、成人にとってのダイエット面の点などももちろんですが、低脂肪牛乳が開発をされたりするようになった理由も、そうした乳製品にアレルギーを持つ方のためを考えたうえで、低カロリーを意識しつつ化学加工成分の採用などを極力控え、そのようなアレルギー体質のある方にも飲みやすいような仕様にしたのが、まさに低脂肪牛乳そのものに他なりません。

 

この製品を店頭で購入をしてコーヒーに加えて飲んでいくという方法ですが、かなりなカロリーダウンになりダイエットなどにも大変効果的ですので、私もぜひオススメしたい製品の1つであると考えています。また、コーヒーに混ぜたりするだけではなく、コーヒーを使用したゼリー類の中でも、コーヒーミルクゼリーの材料としても大いに利用が可能ですので、そうしたお菓子のカタチとしてのメニューとしてもオススメしたいと思います。

 

本当にこの低脂肪牛乳の製品は、乳製品アレルギー症状がある方にとっても飲みやすく食しやすい飲料類の1つである事には間違いが無いと、私自身としては自分なりの確信をしています。

 

4.低脂肪牛乳とコーヒー類との相性の良さについて、
そして今話した低脂肪牛乳とコーヒー類との相性の良さについてですが、低脂肪牛乳にはなんと、コーヒー類が苦手な方と乳製品類が苦手な方それぞれの両者においての、それぞれの苦手さを克服できる鍵があるものと考えられます。つまり、牛乳とコーヒーの仲介者的役割を果したりしていく働きがある事になりますので、今後もさらに研究がなされたりしていく事には間違いが無いものと考えられます。正直いうと、現在この私が日常において頻繁に飲んだりしている低脂肪牛乳の製品自体まだまだ完全であるとはいえない製品類というのが現状ですので、今度はこれに対しての様々なカタチによるアレルギーを持つ方なども出てきているような状態ですので、今度はそちらでの対応をメーカー側としては新製品開発というカタチでしていかなくてはならないといった現状なども間違いなくあります。

 

また、従来型の牛乳が大好きな方で低脂肪牛乳に対してのアレルギーを感じる方などもおられるようですので、本当に克服していくべき面がまだまだ課題としてあるものと考えられます。そうした様々な課題をこの低脂肪牛乳の製品類は抱えたりはしていますが、まだまだその分、多くの克服が可能な可能性を秘めた製品類といえますので、今後のメーカーによる開発面での行く末が世論から注目をされていくものと思われます。そして、先程も幾度か触れたように、間違いなくこうした低脂肪牛乳とコーヒーは相性が良いのは間違いがありませんので、そのうちに誰もが気軽に飲めるような低脂肪牛乳を使用したコーヒーミルクの製品類が商品として開発をされたりしていくような可能性とかも大いに有り得ますので、メーカー各社による開発振りなどを私達一般消費者としては見守っていく将来的な価値は間違いなくあるといっても過言ではありません。

 

5.結論としての私の言いたい事
これまで先程も話したように、今までの若い頃の経験から私自身もコーヒーが苦手な面がありましたが、気兼ねなく一部の製品類を飲めるようになったのも間違いなくこの低脂肪牛乳の存在というものがあったおかげがあります。本当に心から、私は製品自体とこれを製造をしたメーカーへ感謝をしています。確かに質の面などにおいてまだまだ課題などが無い訳ではありませんが、ある程度コーヒーに対しての苦手さというものを克服出来たりした事には間違いがありませんので、今後も新製品類などが開発をされたりした場合にはぜひとも、購入をしたりしたうえで飲み続けていきたいと考えています。

 

本当にまだまだ可能性を秘めた、低脂肪牛乳とコーヒーというそれぞれの存在には間違いがありませんので、これらを如何に、次の世代であるみなさんへ伝えていけるかが今を生きる私達一般消費者においての課題と言える面もあります。そして克服はしたもののカタチとしては確かに完全ではありませんが、私自身のこれらのコーヒーと低脂肪牛乳との関係性といったものは、生きるうえで不可欠なものである事には間違いがありません。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA