コーヒーミルの使い方を把握しよう

コーヒーに対するこだわりや考え方は人それぞれですが、どうせ飲むならおいしい味わいに仕上げたいものですよね。
コーヒーミルを選ぶ時は電動式または手動式があり、それぞれのメリットやデメリットを比較し自分に合ったものを探すと愛着を持てます。
コーヒー豆は挽き方によって抽出すると味わいが変わるもので、粗挽きや細挽きなどおいしくなるタイミングを知ることが大事です。

コーヒーミルは手動だとわざわざレバーを回す手間や時間がかかりますが、価格が安いことや経験を通してコツをつかめるなどのメリットがありますよね。
コーヒー豆を挽く時は手首になるべく負担をかけたくないもので、自分なりに試行錯誤して最適なやり方を知る方法が望ましいです。
手動のミルはハンドルと反対側の部分に挽き方を調整できるネジがあり、どの程度回せばいいか経験を通して判断するため慣れるまでに時間がかかります。
初めて使う時は誤った方法だと手が滑って怪我などをしやすく、事前に動画があれば参考にすると目で確認できて良いですよね。
ミルは分解できると持ち運びにも便利ですが、部品を誤って付けないように構造を確かめる必要があります。

手軽にコーヒー豆を挽くためにコーヒーミルを選ぶ時は電動にするとボタン操作ひとつで設定でき、そのまま待っているだけで完了するため時間がない場合に役立ちますよね。
電動コーヒーミルは手動と比べると操作が簡単ですが構造が複雑で、価格が高いためできるだけ長く使えるように決めたいものです。
電動式のタイプはプロペラ式と臼式、コニカル式、カット式とあり、購入する前にそれぞれの違いを把握して選ばないと理想の味に仕上がらない可能性があります。
プロペラ式はミキサーのような感じで初心者向けですが、他の方式と比べると豆の挽き具合を調整できないことが欠点です。
使い方はプロペラ式はボタンを押す時間によって豆の粗さを調整することができ、慣れが必要ですが初心者でも使いやすく価格が安くて人気があります。
他のタイプは刃の形状によってつまみを調整してボタンを押すだけで豆の挽き具合を調整でき、コーヒーの味にとことんまで追求したい方に向いていますが価格が高いです。

コーヒーミルの選び方は人それぞれですが、失敗をしないようにするためには事前にメリットやデメリットを確かめて決めることが大事です。
コーヒー豆は素材が良くても挽き方を間違えると本来の風味を出すことができないため、最適なコーヒーミルを探して経験を通して操作に慣れるようにすると専門店と同等の味わいを自宅で堪能できます。

 

最近ではコーヒーミルの使い方の動画をサイトなどで見ることができ、注意すべき点などを把握すると好みに合わせて味を調整できて便利です。
豆の挽き具合はフレンチプレスやエスプレッソなどで最適な状態が異なり、自分自身で試して満足できる味わいになるようにコツをつかむと趣味として楽しめます。

コーヒーミルの使い方は手動は覚えるべきことが多く理想の状態にするために経験が必要ですが、価格が安くて手軽に購入できるなどメリットがあります。
電動式の場合はボタン操作ひとつでできると思われがちですが、プロペラ式は価格が安いものの慣れるまでに経験が必要で他のタイプは楽ですが価格が高いなどデメリットもあるため比較して決めたいものです。

 

コーヒーミルは自宅で専門店の味わいを堪能するために役立ちますが、様々種類があるためそれぞれのメリットやデメリットを確かめてから選ぶ必要があります。

正しい使い方は怪我をしないように注意すべき点などを把握して理想の状態になるように試行錯誤し、自宅で優雅なひとときを味わうきっかけにすると良いものです。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA