焙煎具合とパンの組み合わせ

コーヒーに合うパンとの関係を知れば味の世界が広がります。コーヒーを楽しむだけではなく、コーヒーと相性が良い食べ物を発見すれば、相乗効果で味を楽しむ事が出来ます。

相性が良い食べ物は沢山ありますが、あえてコーヒーとパンという王道な組み合わせを細かく掘り下げていくと、パンの選び方によってコーヒーの味も変わるものです。

朝食でも昼食でもコーヒーとパンの組み合わせを選択する方は多く、朝食の場合は焼いた食パンとコーヒー、ランチタイムにはサンドイッチとコーヒーというように、パン系と一緒に飲むコーヒーは格別と言えます。

コーヒーがあればパン類は何でも大丈夫という方も居ますが、コーヒーの焙煎具合によって相性の合いやすいパンは変わり、その基本形を覚えておくと新たな発見がある可能性が高いです。

もちろん味の好みは千差万別であり、最終的には好みの問題ですが、何事も大多数にとって適切な組み合わせを知っておくと、基本から外した楽しみ方も行いやすくなります。

基本の考え方としては、浅煎り、中煎り、深煎り、これらの焙煎具合とパンの組み合わせでチェックしていくのが有効です。

酸味が強めの浅煎りコーヒーは、さっぱりとした味わいですから、パンの種類を選ぶ時には酸味の効いたパンが良い傾向があり、例えばサンドイッチとの相性は抜群ですし、バタートースト、ドライフルーツ入りのパン、ライ麦パン等はおすすめと言えるでしょう。

パン生地そのものに酸味があるパンの代表として、ドイツパンが挙がりますが、ドイツパンと表現するとピント来ない人が居ても、ライ麦パン、カンバーニュと言えば解る方も多いです。

浅煎りコーヒーには酸味のあるパンと覚えて試してみると、それまで漠然とコーヒーとパンの組み合わせだった方も、ハマる組み合わせを探しやすくなります。

続いて中煎りコーヒーは、浅煎りと深煎りの中間で酸味や苦味のバランスが取れたものであり、これに合うパンは定番のパンと言われる小麦の甘味があるパンです。

食パンやベーグル、フランスパン、マフィン、惣菜を使ったパン等は中煎りコーヒーとの相性が抜群な傾向にあり、パンのトッピングに選ぶのはバターが適しています。

深煎りコーヒーは苦味が強めのコーヒーで、コーヒーは苦味があってこそという大人は多いですが、深煎りコーヒーに合うパンと言えば味が濃厚でコクが強めのものがおすすめです。

油ものパンやチョコレートを使ったパン、こうしたものと合わせていくのが基本であり、バターが沢山入ったデニッシュやクロワッサン、チョココロネ、揚げパン、こうした甘味のあるものが有効になります。

菓子パンが好きという方は、深煎りコーヒーを自然と選んでいる事も多く、クリームパン、メロンパン、カレーパン、こうした濃い味のパンと相性が抜群です。

まとめると

・浅煎りコーヒーには酸味系パン
・中煎りコーヒーにはスタンダートなパン
・深煎りコーヒーには濃厚で甘味やコクが強いパン

これをベースに組み合わせを発見してみると良いですし、食べ物と飲み物の組み合わせに関しては、口への入れ方によっても感じ方は変わります。

例えば食べ物を口に入れて咀嚼して飲み込み、その後に飲み物を飲んで口腔内をリセットさせるという楽しみ方もありますが、コーヒーとパンの相性を楽しみたい場合は、パンを口の中に入れた状態でコーヒーも飲み、口の中で固体と液体の組み合わせを楽しむのが美味しさの発見に繋がりやすいです。

コーヒー液自体にパンを付けて食べるのも有効であり、同時に個体と液体を合わせて美味しいと思えるものを発見出来れば、それが自身にとっての最高の組み合わせと言えるでしょう。

最終的には自分にとっての美味しい組み合わせの発見を求めていけば、中には深煎りと酸味系パンが良いという定石と真逆の人もいるでしょうが、それはそれで答えです。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA