珈琲屋らんぷ 近畿地方のチェーン店

今回紹介するのは近畿地方のコーヒーチェーン店、珈琲屋らんぷです。
わたしは関東在住なのですが親戚が三重県松阪市に住んでおり、家族で親戚の家に行った時にたまたま見つけて、お茶をしようということで入ることにしました。それが珈琲屋らんぷさんとの出会いでした。
帰り際に店舗の名刺を手に取り、その時初めてチェーン店だと知りました。

 

わたしが行ったのは三重県松阪市にある「松阪光町店」です。
通り沿いに面しており、ぱっと見お洒落で雰囲気あるお店だなと、その外観を気に入りました。
その外観からチェーン店とは思えず、個人経営の喫茶店なのかな、と勘違いをしたのです。

今回は、両親と3人で行った時の話をベースにご紹介したいと思います。

 

まず外装です。ぱっと見すごく雰囲気のある作りでした。なんと表現したらよいか悩みますが、本当に雰囲気がある感じです。そして落ち着いた雰囲気を醸し出してる外装でした。
次に店内です。広々とした店内で、カウンター席とテーブル席、奥には喫煙席が設けられていました。店内も落ち着きのある感じで、コーヒーを飲んでゆっくりするには良い環境だという印象でした。店内BGMにはクラシックが流れており、ゆっくりした時間を過ごせそうです。わたしが行った時は人もそこまで多くなく、騒がしいといったこともありませんでした。

 

そしてカウンター席の向かいの壁には大量のお洒落なカップが並んでいました。後で知りましたが、このお店で使用されているカップは高級食器メーカー、ウエッジウッドだそうです。あまり食器には詳しくないので分かりませんでしたが、壁に綺麗に並んでいるカップはどれも綺麗な模様が入っていて目を惹くものでした。

そして席についてメニュー表を見ることに。
午前10時くらいに寄ったので軽食もとりたいな、と考えていたのですが、やはりありました。モーニングセット。名古屋を中心に三重県でもやはりあるのですね。

コーヒーを頼むとトーストが付いてくるというサービスセットが。思わずやっぱりこの店舗でもあるのだな、とおかしくなってしまいました。わたしも両親もモーニングセットを頼むことにしました。

 

らんぷさんではモーニングセットに付いてくるトーストの味が数種類選べます。そしてやはり小倉トーストもありました。父は小倉、母はノーマル、わたしはシナモンを注文しました。コーヒーは夏だったので皆アイスでそれぞれに。わたしはカフェラテを注文しました。

最初にコーヒーがでてきました。アイスだとウエッジウッドのカップではなく「らんぷ」と書かれた縦長のコップに入れられてでてきました。そのカップは割と強く印象に残っています。

 

見た感じちゃんとした作りのコップだね、なんて両親と話していましたが、そしたら店員さんが美濃焼のコップなんです、と教えてくれました。拘りが詰まっているな、と思いました。味は勿論美味しく、香りがとても豊かで好みの味でした。
次にトーストです。そのトーストなんですが分厚いんです。なんとなく分厚いトーストを頬張るとリッチな気分になれます。わたしが注文したシナモントーストは甘すぎず、トーストもカリっとしつつ中はふっくらで非常に美味しいものでした。口元に近づけただけでシナモンが息で舞ってしまうほど細かいのにはビックリしました。それが満遍なくかかっているので、シナモンの香りが口いっぱいに広がり幸せでした。

 

その後デザートにレモンゼリーを追加で注文しました。このレモンゼリーが予想を超えるすっぱさでした。ゼリーの上に乗ったヨーグルトと合わさって丁度良くはなりましたが、ゼリー単体だと本当すっぱかったです。でも味はレモンの味が強く効いていて好みの味でした。

 

そうして食後に3人でゆっくりコーヒーを頂きながら談笑をして、お店をでることに。
最後まで店員さんの対応は丁寧で、とても気持ちよく過ごせました。

 

最後にわたしが行った松阪光町店の店舗情報を載せておきます。

 

珈琲屋らんぷ松阪光町店
住所:三重県松阪市光町 868
電話番号:0598-31-2000
営業時間:7時~24時(年中無休) 駐車場完備
URL:http://www.ranpu.co.jp/index.html

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA