緑豆 グリーンビーンズ

一瞬通り過ぎてしまいそうな場所にそこはあった。

和歌山駅の東口から徒歩5分ほどの場所にある「グリーンビーンズ」。
店に入ると缶に入った豆がずらりと並んでいる。
20種類はあるのではないだろうか?
外からでも見える場所に大きな機械がその存在感を出していた。

常連の中年男性と話をしているマスター。
細長い店内の奥には新聞を読んでいる男性。
常連のお客が多いのか?
初めて来た私にマスターが「いらっしゃい」と声を掛ける。

テーブルには軽食のメニューが載っていた。
サンドイッチのセットは750円。
ハンバーガーやパンケーキもあるのか。
ケーキセットもある。
入ってくるときにそういえば、ショーケースがあったな。
ふっと見た時にケーキも数多く取り揃えていたのがわかった。
コーヒーだけでなく軽食を目当てに来ている人も多いのではないか。
おそらく男性だけではなく、女性にも受けがよさそうだ。

モーニングメニュー(680円)、分厚いトーストがおいしそうだ。
オレンジジュースや小さめのデザートもついてくるようだ。

全体的に価格は安いような気がする。

コーヒーは別メニューに書いてある一覧から選べるようだが、産地や酸味などの味についてチャートになっているので選びやすい。
ふっとマスターのいるカウンターを見ると、本日のコーヒーと書かれたボードが見えた。
コロンビアと書いてある。
バニラ風味の甘い香りとメニューに書いてあった。これにしよう。

コーヒーの豆は緑色だったのか。
だから緑豆、グリーンビーンズなのか。
焦げた茶色い豆の色しか知らなかった。
注文をした後、新たに店内にお客が入ってきた。
コーヒー豆だけ注文しているようだ。
顔なじみのようで、マスターともにこやかに話をしている。
手慣れたようにお客はカウンター席に座る。
マスターは注文された豆を機械に入れ、挽きはじめた。

静かな音で周り始める機械。
そしてコーヒー豆の香りが店内に少しずつ広がってきた。
穏やかな空気が流れる。
店内はあたりまえのようだが完全禁煙。
コーヒーだけの香りなんだろうな。

注文したモーニングセットが届く。
思ったよりも量が多い。
朝からしっかり食べれるな。

コーヒーの香りも良い。
確かに甘い気がした。
こだわって淹れられたこのコーヒーをまずはブラックで味わう。
味わい深い香りとその味がモーニングのトーストに合う。

和歌山にこんなにのんびりと時間を過ごせる場所があったのか。
なかなか来ることがない和歌山。
徳川御三家、紀州徳川家があった場所。
確かそれほど遠くない場所に和歌山城があったはずだ。
天守閣にも登れるとガイドブックに書いてあったから、後で登ってみよう。
桜の季節はフォトスポットにもなる場所のようだから、本当は春に来たかった。
しかし、何でもないときに行くのもいいだろう。

どことなくグラスを磨いているマスターが刀を携えた武士のように見えてくる。
不思議だ。

改めて店内を見回すと、壁にはずらりと世界各地の豆の麻袋が飾られている。
実際にマスターが各地を歩いたのだろうか。
ひとつひとつに物語があるような気になる。
和歌山でおいしいコーヒーをいただきたいのなら、ぜひこちらに寄っていただきたい。
味わい深いコーヒーをこの安さで味わえるお店はほかにはないだろう。
もちろん私が注文したモーニングもとてもおいしかったので、ぜひとも味わっていただきたい。
私は次に来店した時には種類が豊富だったケーキを頼んでみたい。
甘いケーキとほろ苦いコーヒーを次回まで心待ちにしておこう。

■店舗情報
店名 グリーンビーンズ
住所 和歌山県和歌山市太田470 太田ビル1階
TEL 073-406-0967
営業時間 9:00~20:00(ラストオーダー19:30)
定休日 火曜日
HP http://greenbeans.jp

コメント