美味しいコーヒー淹れるには豆 水 温度にこだわる

お店で飲むコーヒーと自宅で飲むコーヒー。同じ豆を使っているのになぜ、味が違うのか?そう感じている人も多いのではないでしょうか。そんな人には、是非、ちょっとした工夫で自宅でも美味しいコーヒーを味わって頂きたいと思います。

まず、水のこだわってみてはいかがでしょうか。水は、コーヒーの味に大きく影響を与えると言われています。水は大きく分けて軟水と硬水とがあり、日本の多くの水道水は軟水です。硬水にはミネラルが多く含まれており反対に軟水は少なくなっています。そして、このミネラルがコーヒーに大きな影響を与え、ミネラルが多い硬水で入れたコーヒーは苦みが強くなり、ミネラルが少ない軟水で入れたコーヒーはマイルドな味わになります。

その為、水を購入する場合やウォーターサーバーを利用する場合は、この事に気を付け水選びを行う事をお勧めします。もちろん、水道水でも大丈夫です。その際は、浄水器を使うほか、出来るだけ新しい水を利用するよにする事をお勧めします。

これは、お湯に関しても同じです。コーヒーを入れる際は、毎回、新しいお湯を沸かすようにします。間違っても、何度もつぎ足ししたような水でお湯を沸かす事は避けてください。毎回、新鮮な水で一から沸かす事で美味しいコーヒーを入れることができるのです。また、お湯の温度は100度ではなく、少し下がった90度前後がベストな温度となります。その為、一度沸騰させてから、しばらく放置した後、利用するといいかと思います。
その際、一緒にコーヒーカップをお湯で温めていく事もお忘れなく!

もちろん、コーヒーは飲むたびに作ってくださいね。飲む人の人数、飲む量をキッチリと測り、残す事がないようにする事も大切です。

そして、水と同じように大切なのがやはり、豆です。出来るだけ新鮮な豆を使用するため、必要以上のかいだめは避け、少し手間がかかっても、あまり多くの量の豆を購入しないようにします。

もちろん、1回分ずつ購入する必要などありません。自宅での保管方法に注意する事で一定期間、豆を良い状態で保管する事は可能です。その方法としては、必ず密閉状態で保管すると言う事です。購入した袋自体、密閉する事ができるようになっている場合は、きっちりと毎回、その口を閉じる事を忘れないようにします。
また、密閉容器に移す際は、消毒を済ませ、ニオイなども残っていない状態の密閉容器を利用する事を忘れてはいけません。

そして、そうして保管したコーヒー豆は、出来るだけ湿気の少ない場所に保管します。直射日光を避け風通しの良い場所がベストです。そのような場所が見当たらない場合は、冷蔵庫への保管もお勧めです。

そして、最後は、コーヒーを入れる道具となります。一般的に家庭では、ペーパードリップが多いかと思います。このペーパードリップを使ってコーヒーを入れる際は、お湯の注ぎ方と蒸らし方が大きなポイントとなります。一気にお湯を注ぐのではなく少しずつ注いでいき、全体に染み込むように注ぎます。その後、30秒ほど蒸らし、そして、再度、お湯を注ぐ。知っているようでも、面倒だと感じ、この手順を適当にしてしまう人も少なくありません。

しかし、この少しの手間暇が美味しいコーヒーを自宅で飲む際に欠かす事ができな手段となります。その為、時間に余裕をもってコーヒーを作るようにしてください。

また、コーヒーメーカーによって、豆の挽き具合、焙煎度合が異なります。その為、自宅にあるコーヒーメーカーにあった挽き具合、焙煎度合の豆を使用する事も大切です。

以上が美味しいコーヒーを自宅で飲む際の方法となります。少しの手間暇で大きく変わるコーヒー。是非一度、試してみてください。

コメント