おすすめする喫茶店は新潟にあるロンドンです。

おすすめする喫茶店は新潟にあるロンドンです。
私の妻の実家が新潟にあるため、夏に新潟に帰省をするのですが、そこでロンドンを見つけました。

【店舗情報】

住所
新潟県燕市燕4436

電話番号

0256-62-3615
営業時間

11:30〜24:00までと非常に営業時間が長いです。
良く昭和の雰囲気がまだ残る喫茶店と言われる喫茶店がありますが、そういった喫茶店には私も好きで、良く足を運びましたが、ロンドンは一味も二味も違います。
まさにこれぞレトロ!という喫茶店なのです。
入口には、ガラスケースに洋食やパフェなどの懐かしい商品サンプルが飾られていて、入口だけも既に昭和感が凄く出ています。
正直に言って、一見さんは入ることにかなり勇気がいる雰囲気ではあると思います。
私も最初はそうでしたが、あまりにもレトロな雰囲気の興味が勝り、思い切って入ってみたのです。
入るとそこは、もう完全な昭和です。
入口の雰囲気を全く裏切ることのない店内に私は、ついに本物のレトロな喫茶店を見つけた!と興奮しました。
入口で想像していた部分で裏切られたのは、店内の広さでした。
きっと小さなこぢんまりとした喫茶店だろうと思っていたのですが、非常に店内は広いのです。
そして、店内は薄暗く、怪しい色の間接照明が灯っています。
席のソファもこれまた昭和の品という感じで、席によってはテーブルがあの昭和の大ヒットゲームのインベーダーゲームになっています。
このテーブルは現在ではなかなかお目にかかれない代物です。
私は初めて入った瞬間の印象は昔のキャバレーにでも間違えて入ってしまったかな?と思ってしまったほどです。
席に座り、店内を見渡すと、昭和にタイムスリップしたような錯覚にさえ陥ります。
店内の完璧なまでのレトロ感に興奮していると、メニューを持ってきて頂けました。
やはり喫茶店ですので、当然ホットコーヒーを頼みました。
コーヒーも今では濃いコーヒーが美味しいコーヒーと言われる中、ロンドンのコーヒーはアメリカンが流行った頃のあっさりとしたコーヒーを出していました。
こんなところまで昭和を醸し出しているとは、完全にロンドンの中では時が止まっているかのようです。
私は、夏に妻の帰省に新潟に行くのですが、ロンドンに多い時には1日に2回行くほど、大好きです。
それは、まず1回目はモーニングに行きます。
モーニングでは飲み物をオーダーするとトーストとゆで卵がサービスで付いてくるのです。
これは名古屋の喫茶店では良くあるサービスですが、ロンドンもそのサービスを提供していて、非常に嬉しい限りです。
2回目は、夜に日帰り温泉に入った帰りに行きます。
夏に行っているので、非常に温泉帰りは暑くて仕方ありません。
これが、夜のロンドンに行くには最高の状態なのです。
ロンドンは24:00まで営業しているので、ゆったりと温泉に行ってきても十分に間に合うのです。
ロンドンに行って夜に何を注文するのかというと、私はかき氷を頼みます。
ロンドンのかき氷は天下一品なのです。
かき氷も昔懐かしい感じのシンプルな物ですが、ボリュームもあり、氷もとても美味しくて毎日のように、食べに通ってしまいます。
私は、かき氷を食べて、冷えた体をホットコーヒーを飲んで温めるのが最高に好きです。
そして、あのレトロな雰囲気をちょっとでも長い時間味わいたいと思い、ついつい長居してしまします。
私は、商品の代金というよりも、あの異空間を味わえることへの代金と考えています。
昭和を懐かしいと思う方にも、そして、昭和を知らない世代にも、このロンドンは是非、味わって頂きたいと思います。
若い方も、時々店内を撮影している方もいるので、きっと他では絶対に見ることができない空間なのだと思います。
きっと、日常では感じることのできない刺激を誰もが受けることが間違いなくできると思いますので、是非オススメします!

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA