コーヒーのメリット デメリット

頭をシャキッとさせたいとき、ホッと一息つきたいとき、睡魔を取っ払いたいときなどなど、今やコーヒーという飲み物は、僕達の生活において欠かせないものとなっています。

 
ミルクコーヒーや、ブラックコーヒー、微糖タイプや練乳タイプなど、実に様々な種類が販売されています。
そんな普段何気なく飲んでいるコーヒーには、実に多くの効能がある事をご存知でしょうか?
今回は、たくさんの人達に親しまれているコーヒーに関する「メリット・デメリット」についてまとめてみました。

【コーヒーのメリットとは?】
よく知られている事としては、コーヒーにはカフェインが含まれている為、
眠気を解消してくれる・集中力がアップする、といった事が広く知られています。
実はそれ以外にも、人間にとって数多くの効能があるのです。

・リラックス効果
・ダイエット効果
・二日酔いの改善
・糖尿病の発症低下
・うつ病の改善
・肝臓に良い

リラックス効果は広く知られていますが、ダイエットや、糖尿病にまで効果があったなんて驚きですよね。
コーヒーに含まれているカフェインには、脂肪分解の作用があります。
また自律神経を刺激する作用も含まれている為、エネルギー消費も促進されます。
それによってダイエット効果も同時に期待できるというわけですね。
同時にカフェインには「アセトアルデヒド」と呼ばれる物質を、身体の外に追い出す効果もあります。
この「アセトアルデヒド」が二日酔いの主な原因とされているので、
コーヒーを飲む事で体外に排出され、脳の血流が良くなり、結果二日酔いが改善されるのです。

また、肝臓への効果に関しては、22年間に渡って12万5000人を対象に調査を実施したところ、1日に1杯のコーヒーを飲む人は、飲まない人に比べて、「肝硬変」を発症する危険性が何と「20%」も低下するという調査結果も出ているのです。
肝硬変とは、肝臓の組織が硬くなり、本来の働きができなくなってしまう病気です。
原因としてはウィルス性の慢性肝炎も含まれているのですが、アルコール、
つまりお酒の飲み過ぎによって発症するものなので、
普段からお酒をたくさん飲む人にとっては、良い効果が期待できるのです。
二日酔いにもきくので、お酒大好きな人にはうってつけな飲み物と言えるでしょう。

【コーヒーのデメリットとは?】
さて、ここまでコーヒーの素晴らしい効果がある事を紹介しましたが、
逆に悪い効果にはどんなものがあるのでしょうか?
一番よく知られているものとしては、寝る前に飲む事で寝付きが悪くなってしまうという事でしょう。
実はそれ以外にも様々なデメリットが含まれているのです。

・胃の病気を発症する危険性が高まる
・利尿作用
・妊娠中の退治への悪影響
・神経過敏
・貧血

コーヒーは肝臓に良い効果が期待できると「メリット」の欄で述べましたが、
実は飲み過ぎると胃にとって悪影響が出てしまうのです。
コーヒーには消化液の分泌を促し、消化を促進する効果も含まれているのですが、これが行き過ぎると胃炎・胃潰瘍などを引き起こす危険性があります。
特にお腹が空いて胃が空っぽの状態で、コーヒーを大量に飲み過ぎてしまうと、
悪影響が出やすくなってしまうので注意が必要です。

また、コーヒーには体内の鉄分の吸収を邪魔してしまう効果もあります。
コーヒーに含まれる「タンニン」が鉄分と結合する為、鉄分不足になってしまいます。
その結果、貧血や立ちくらみになりやすくなってしまうという事ですね。

また妊娠中の女性の方も注意が必要です。
退治の周りには「胎盤」と呼ばれる天然のバリアのようなものがあります。
これが赤ちゃんを守っているのですが、コーヒーに含まれるカフェインは
この「胎盤」をそのまま通過してしまうのです。
そのため、たった1杯だけ..と思っていても、
それが原因で「小児白血病」のリスクを増加させ、成長障害になってしまう危険性があるのです。
生まれる前の赤ちゃんには、カフェインを分解、排出するという事ができない為一度侵入してしまうとカフェインの代謝物質が脳に蓄積されてしまうのです。
たった1杯だけで発症するリスクが高まるので、妊娠中の女性の方は注意が必要ですね。

他にも利尿作用があるというのはよく知られている事ですが、
利尿作用がある分、水分が体内にとどまる量が少なくなってしまう為、水分補給には適していません。
朝コーヒーを飲む事で頭をリフレッシュさせる、という方は多いと思いますが、
水分補給として常にコーヒーだけを飲み続けるというのは避けた方がいいでしょう。

神経過敏に関しても、頭をシャキッとさせる効果があるという事は、逆に神経が落ち着かない軽い興奮状態にもなるという事です。
そのため、イライラが続いたり、短期になってしまうなどもありえます。
しかしこれは、1日に3杯以上も摂取するなど、
長期間で大量に摂取した場合の話しです。
アルコールと同じで飲み過ぎに注意すれば、よい覚醒状態が維持でき、
仕事にも集中できる事でしょう。

【まとめ】
大人の嗜好品とも言えるコーヒー。勉強や仕事のときには強い味方でもあり、
ストレス社会の今にとっては無くてはならない飲み物です。
しかし飲み過ぎると却って悪影響が出てしまうもの。
メリット・デメリットをよく理解した上で、素晴らしいコーヒーライフを送っていきましょう!

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA