コーヒー初心者の挑戦

コーヒーマシンじゃ雰囲気出ないし、やっぱり昔通りドリップでコーヒーは飲まなきゃなんて思ってネットでやり方見ながらドリップに挑戦してみました。

フィルターをしっかり折って、コーヒー粉を入れて、沸きたての熱々のお湯を少し垂らして、コーヒー粉を蒸らすます。この単純な作業ななかなか難しかったです。

だって、蒸らすって言ったってどれだけ垂れせば全部蒸らせるの?蒸らす時間は30秒とか言って毎回そんなに待たなきゃいけないの?など疑問が次から次へと。でもやっぱり蒸らしの作業はしっかりやった方がいいみたいです。

お湯を注いだ時のコーヒーの香りの立ち上り方に違いがあると思います。自論として、一回コーヒー粉を蒸らしておくことでカラカラになってるコーヒー粉が分子レベルで開くことによって、その中からコーヒーの成分が出てくるので、より香り高く味も引き立つんです。

それと、本当に沸騰したてのお湯がいいと思います。蒸らしてから30秒から1分時間が経つとその間にお湯の温度は少し下がっています。ですので、蒸らした後再度面倒ですが、お湯を沸騰させることをお勧めします。それが美味しいコーヒーを楽しむ為になるんです。熱々のお湯をフィルターにも触れないようにして少し回しながら注ぐど、湯気とともにコーヒーの良い香りが漂ってきます。

そこで、ドリッパーをいくつか使ってみた感想ですが、しっかりお湯が下に落ちるタイプが良いと思います。100円ショップに売っているタイプは品質に保証がないと言えます。私の場合は全然お湯が下にいかないので1杯コーヒーを入れるのに15分くらい毎回かかっていて、嫌になった経験があります。これはコーヒー豆の挽き目の設定を間違えたことが大きいですが。

値段を少し上げてブランド物を使用したらそういうことはなく、すんなりお湯は下に流れました。ブランド物でもプラスチック製だったので、特別一番高額のものを選ぶ必要はないと思います。

ドリップで入れてみた感想ですが、コーヒーマシンで入れるより雰囲気が出るのと、自分の料理は普段より美味しく感じるのと同じ効果が働くのか、美味しく感じます。やっぱり、それだけ愛情が入るからなんでしょう。時間に余裕があって、「今日はコーヒーブレイクを楽しみたい!」というときには是非ドリップをお勧めします。ついついがぶ飲みしてしまうコーヒーをエスプレッソのように濃厚に楽しむことができます。

あと当たり前のことですが、ドリップの方が高級豆を買った時などは大切に使うことができるので経済的にも良いと思います。ドリップでコーヒーを楽しむときは是非お気に入りの、少し良いコーヒーカップで楽しみたいですね。がぶ飲み用の、普段のでかいマグカップよりは雰囲気出て、コーヒーも自然と美味しくなると思いました。

コメント