淹れ方で味が変わる?

近所に新しく出来た、コーヒー屋さんに行ってきました。
そのお店はチェーン店のようですが、まだあまり店舗数は多くないようで、まだ他で見かけません。私は初めて行くお店でした。
入ると、まず、数種類の豆が置いてありました。お店で飲めるコーヒーの豆を量り売りしてくれるようです。かなりこだわりがあるお店だなという感じがしました。
席に案内され、渡されたメニューをチェック。この日、なぜ私がこのお店に来たかというと、モーニングタイムには、ドリンクを注文すると、名古屋式に「トースト、ゆで卵、バター、ジャム」が付いてくる、というモーニングサービスがあると聞いたからでした。

そんな訳でコーヒーの事はあまり気にしていなかったのですが、メニューを見て、あ、すごい!と思いました。

コーヒーが数種類ありましたが、どの種類も「ハンドドリップ」か「プレス式」か、コーヒーの淹れ方を選べるようになっていたのです。
モーニングができるお店で淹れ方が選べるのは、初めてでした。
メニューに書いてあったところによると、「ハンドドリップ」はあっさり、「プレス式」はしっかりした味わいになるとのこと。

ハンドドリップのコーヒーは飲んだことがあったけれど、プレス式ってどんな風なものか知らなかった私は、お店のオリジナルブレンドを「プレス式」でお願いして、モーニングサービスも付けてもらうことにしました。
しばらくして、「お待たせしました」と、モーニングセットと、よく喫茶店で紅茶をお願いすると出てくる、紅茶の葉をぎゅっと押してそれ以上濃く抽出されないようにする縦長のガラスのサーバーに、紅茶ではなくコーヒーが入っているもの、空のカップを持ってウェイトレスさんが登場。
このサーバー、今までずっと紅茶用だと思っていたけれど、コーヒーも淹れられるんだ!これがプレス式っていうんだ…という事をこの時初めて知りました。
そんなカルチャーショックを受けている私の前で、ウェイトレスさんがカップにコーヒーを注いでくれました。冷めないように、という気配りのようです。ここにも、お店のこだわりを感じました。
コーヒーをいただいてみると、確かに味がしっかりしている、濃い感じがしました。目の前でカップに入れてくれた、というのも嬉しかったのでテンションが上がっていたのかもしれませんが、とても美味しく感じました。
次に行ったら、同じブレンドで「ハンドドリップ」のコーヒーを注文して、本当に味わいが違うのか、味比べしてみたいと思いました。

コメント