港町神戸:UCCコーヒー博物館内の珈琲店「UCCコーヒーロード」

【店舗情報】

「UCCコーヒー博物館内 UCCコーヒーロード」
〒650-0046
兵庫県神戸市中央区港島中町6丁目6-2
TEL:(078)302-8880
OPEN : 10:00~17:00
CLOSE : 毎週月曜日は休み・月曜祝日の場合は翌日休み・年末年始)
HP:http://www.ucc.co.jp/museum/coffeeroad/

 

港町神戸の人工島「ポートアイランド」にあるUCCコーヒー博物館。珈琲の歴史に関する展示物やコーヒー好きにはたまらないグッズを集めたミュージアムショップ等、海外からも訪れる人の多い博物館内、一階入り口入ってすぐ右側に、UCCコーヒーロードが設けられています。

 

博物館は、来館者の楽しめるクイズやワークショップ等も開催されている様ですので、まるで珈琲のテーマパークといいましょうか、珈琲を体験できる面白い施設でした。館内至る所に珈琲の木が植えられています。置いてあるソファが珈琲豆デザインだったり、珈琲への愛情と温かなこだわりを感じてほっこりとします。

UCCコーヒーロードは、カウンターにはサイフォンや様々な珈琲の器具が美しく揃えられており、外側に面したガラス窓からは外を眺める事もでき、明るく高級感がありました。

 

ホテルのラウンジの様な雰囲気にも感じられますが、どことなく神戸らしい異国情緒も漂います。落ち着いたゆっくりとした空気の流れる空間です。珈琲博物館の来館者だけでなく、地元の方も通われるそうです。ブレンドコーヒーは、「コーヒーロードブレンド」(420円)他、珈琲の競技大会でチャンピオンとなったUCCのスペシャリストの方が監修したという「チャンピオンブレンド」(650円)という非常に興味をそそられるメニューもあります。

初来館した際、こちらの「チャンピオンブレンド」もとても気になったのですが、20種類あるというアレンジコーヒーメニューにも気になる珈琲が幾つかありました。トルコ式珈琲「ターキッシュコーヒー」(480円)や、シナモンスティックを添えた「カフェ・ボルジア」(600円)の2種類でしばし迷いました。

 

結局、「カフェ・ウォルナット」(580円)に落ち着きました。こちらは、ウォールナッツの香ばしい風味がとても香しく、生クリームが浮かんでいるのですが、甘すぎず飲みやすかったです。飲み終わる最後まで香ばしいウォールナッツの香りにうっとりとなりました。グラスに注がれたおしゃれなアイスコーヒーも何種類か選べる様でした。

 

面白いのは、キッズメニューがあることです。年齢制限が無い為、大人が注文する事もできるのですが、「3つの色のぼくのカフェオーレ」(550円)というコーヒーは、珈琲とミルクとチョコレートシロップの3種類がグラスの中で層になっていて、かきまぜて飲む事ができます。うちの子供はまだまだ飲める年齢ではありませんので注文しませんでしたが、もう少し大きくなったら一緒に飲んだら楽しんでくれるだろうな、と思いました。子供は混ぜ混ぜするのが好きですから。

子供と一緒に楽しめるコーヒーショップは、お母さん方にとっても嬉しいものです。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA