穴場カフェがたくさん!秩父・長瀞のおすすめカフェ

都心からのアクセスも良好で豊かな自然が美しい秩父・長瀞。自然を活かした観光スポットが魅力的で、特に山が多く、一年を通してハイキングが楽しめますし、夏にはライン下りや、天然氷を使ったかき氷店に行列ができるなど、注目は徐々に高まっています。今回はそんな秩父・長瀞からおすすめのカフェを2店紹介します。

 

まず紹介したいのは、『PNB-1253』という特徴的な名前のカフェです。最寄駅は秩父鉄道親鼻駅で徒歩10分の距離にあります。車でアクセスするほうが便利でしょうが、駐車スペースはそれほど多くないので、いちおう秩父鉄道を使うことも考えておくとよさそうです。道路から、まるで山道のような草むらを抜けるとお店はあります。

 

田舎の古民家のような味わいで、建物が所々緑に包まれています。木々の向こうには秩父の山々が見え、都心からそう遠くないのにこんなにも都会の喧騒から無縁の場所があるのかと、きれいな空気を吸い込んで深く深呼吸すれば、きっとお店に入るまえからリラックスできることでしょう。
このお店はただのカフェではなく、「ブックカフェギャラリー」というコンセプトを採っています。ですので、お店を入るとすぐに、店主が選らんだモダンアートの作品が飾られているのを見ることができます。アートに興味があるひとなら、きっと面白いと思います。個人的には、モダンアートは奇抜なものが多いので、よくわからず頷いてみるだけですが(笑)
カフェスペースは、雰囲気の良い知人のお家に招待されたような内装で、壁にはたくさんの本が置かれています。外にも座席があるので、天気が良ければ外で自然の空気を存分に浴びながらコーヒーを飲むと最高でしょう。
『PNB-1253』のイチオシのフードメニューは、秩父産のそば粉を100%使ったガレットです。ガレットとはフランスの料理で、クレープのように薄く焼いたそば粉生地の上に、ハムやチーズ、半熟の卵などを乗せたものです。バリエーションがたくさんあり、魚介系のものや、サラダの色合いの強いものもあります。食事としてのクレープ、というところでしょうか。生地の上にある卵にナイフを入れる瞬間はたまりません。
【店舗情報】
PNB-1253
住所:埼玉県秩父郡皆野町下田野1253-1
TEL:0494-62-6323
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日、第一木曜日

次に紹介するのは『泰山堂カフェ』です。秩父駅から歩いて10分ほどで、大通りから一本入ったところの、秩父の趣のある街並みのなかにあります。レトロなデザインの外観はなんとなう明治時代のモダンを思わせる色使いです。店内は上質な木材の雰囲気がすばらしく、清潔でいて温かみのあるやさしい内装です。
このお店の売りはカレーで、お店に入ったときから食欲をそそるカレーのにおいがして、名物と知らずに来た人でも頼まずにはいられません。さらにデザートにはヌガーグラッセという聞きなれないスイーツがあり、ヌガーに似せて、ナッツ、ラムレーズンなどをメレンゲと生クリームで固めた冷たいデザートだそうです。もちろんコーヒーも忘れてはいけません。有機栽培のコーヒー豆を使った「はちどりドリップコーヒー」がおすすめです。すっきりとした雑味のない味が、コーヒー好きの舌を喜ばせてくれます。
休日にはすぐ満席になってしまうので、早めに訪れるか、すこし待つつもりで行くのがいいでしょう。
【店舗情報】
泰山堂カフェ
住所:埼玉県秩父市番場町11-6
TEL:0494-22-0946
営業時間:11:30~18:00
定休日:火曜日、第三水曜日

以上、秩父・長瀞のおすすめカフェを紹介しました。秩父と長瀞は自然に囲まれ、それでいて昔の雰囲気を残しており、ほかにもたくさんのオシャレなカフェがあります。ぜひ休日に足をのばして、おいしいコーヒーと素敵な観光を楽しんでください。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA