苦いコーヒーが苦手な方へ

私はコーヒーの香りが大好きなんですが、あの苦味が苦手で、喫茶店やカフェなどでコーヒーを飲む場合は砂糖やミルクをたっぷり使うので、よく友人に呆れられてしまいます。

 

お湯の温度が高いと苦くなると聞いたのですが、だからといってぬるいお湯でコーヒーを淹れると不味いですよね。そんな時に、たまたま出会ったのが水だしコーヒーでした。

 

最初は水だしってと思ったんですが、かなり美味しくて、確かに苦味があまり感じなかったです。でも、出来れば家でも飲みたいと思っていろいろ考えたんです。最初はやっぱり簡単に飲みたいと思って水にそのままインスタントコーヒーを入れてみたのですが、上手くはいきませんでした。

 

そこで、使い終わったダシパックがあったので、中身をコーヒーに入れ換えてみました。そして、そのダシパックをコップにポンッと入れてみました。どうなる事かと思ったらかなり良い感じに出来ました。

 

ただ、最初はなかなか成功しなくて、中のコーヒーの粉が出てきてしまったりするので改善しなくてはと思い、ダシパックをもう一枚重ねて見ました。麦茶を作る容器も良いなと思ったのですか、水の量と計算しなきゃいけないので、私は飲む度にコップで作る事にしてるんです。出来ればコーヒー豆をひいてする方が良いのですが、余裕がない時はインスタントコーヒーにしてるんです。コーヒーの香りもして、苦味があまり感じられないので飲みやすいです。
でも、夏だったら水だしコーヒーも良いのですが、冬になると辛いですよね。でもやっぱり、苦味が強いコーヒーは苦手なので、私はココアを活用しています。コーヒーとココアを半々にして飲むようにしています。コーヒーの苦味だけではなく、ココアの甘さがちょうど良いんです。

 

少しコーヒーの量を減らす事がポイントなんです。砂糖やミルクをたっぷり使うと、やっぱり体重の事が気になってしまうんです。でも、ココアで甘さが足されると少し飲みやすい感じになります。ココアとコーヒーの相性はかなり良くて、最初こそココアの量を調節するのに時間がかかったけど、なれてくると目分量で調節出来るので便利です。

 

冬になると、ココアとコーヒーのブレンドがかかせないです。ココアの甘さがちょうど良いのと、牛乳を少し足すと更に飲みやすくなります。本来ならコーヒー豆をこだわったりするのが良いのだと思うのですが、コーヒー豆って結構面倒くさくなっちゃうんですよね。ついついインスタントコーヒーにしてるんです。それでも、水だしコーヒーにしたり、ココアとブレンドすると、いつものコーヒーが違う感じになるんです。それでもやっぱり苦いと感じた時には砂糖の代わりにマシュマロを入れるようにしてるんです。

 

マシュマロのほんのり甘い感じがコーヒーにとても合っています。ゼラチンが入っているせいか、少しトロッとした感じも舌触りに良いですよ。コーヒーの苦味が苦手だという人にはぜひ試してみて欲しいなと思います。でも本当はやっぱり豆をキチンと挽いてから飲むのが良いんですよね。以前、一度だけブルーマウンテンのコーヒーを、豆から挽いて飲んだ時には、ものすごい美味しかったです。やっぱり高級な豆は違うなとシミジミ思ってしまいました。

 

苦味を少し押さえる事で、スーパーの安いインスタントコーヒーも、少しだけブルーマウンテンに近づいたような気がするんです。そして、コーヒーを飲む時には意外と和菓子を一緒に食べると美味しいという事を最近発見しました。餡とコーヒーがこんなにも合うのだと初めて知りました。特にこし餡を使った和菓子とコーヒーの相性が抜群に良いんです。コーヒーには洋菓子しか合わないと思っていたのですが、私は和菓子とコーヒーの方が好きです。

コメント