コーヒーはライフクォリティーを左右する

日本人は昔から外来文化を自己の中に取り入れるのが上手であると言われています。
そうした例は数多くありますが、その一つにコーヒーがあります。
元々は欧米から来たものとはいえ、今やコーヒー文化は日本人の生活の中にすっかり根付いています。来客があるときには会社はもちろん、家庭でもコーヒーでもてなすというのが一般的になっています。

コーヒーを飲む場所も多様化していて、家庭、職場、外出先、カフェ…等々、色んなシチュエーションで楽しむことが出来ます。

ただコーヒーと一口に言っても、本物のコーヒーから、インスタントコーヒーや缶コーヒーなど、いろんな形態があります。

これらの中から味で言うなら、もちろん本物のコーヒーがベストでしょうが、それぞれにメリットとデメリットがあるので、どれが一番かを問うのはあまり意味がないかもしれません。

さて、ここ最近のコーヒーに関する動向として言えるのは、鮮度の高いのコーヒーが手軽に飲めるようになってきたということです。これは多くの方が実感しているのではないでしょうか。

かつてはコンビニでコーヒーと言えば、缶かペットボトルに入ったものだけでした。ですが、今では街中のコンビニエンスストアで本格的なコーヒーが安価な値段で飲めるようになっています。

これは以前は誰も想像していなかったと思います。

また、職場でも本格的なコーヒーを飲むところが増えています。

そうした本物志向という大きな流れもあり、缶コーヒーの質も飛躍的に向上したように思います。
次から次に各社から新製品のコーヒーが出てきています。

それらの多くは本物に近いテイストでコーヒーを楽しむことができるようになっています。このようなコーヒーですが、単にのどの渇きを潤すというものではなく、生活の各場面でのちょっとした癒しの効果があるように思います。

そうした役割を持っているコーヒーは生活の質の向上と言う点でも貢献しているように思います。
つまりコーヒーにはライフクォリティーを高める効果があるということが言えそうです。

ライフクォリティーなんて言うとたいそうな感じがするかもしれませんが、いずれにしても生活の豊かさを実現させてくれるアイテムであることは間違いないと言えそうです。

せっかく根付いているこのコーヒー文化を楽しみ、より良い生活実現の一つのアイテムとして今後も活用していきたいものです。

コメント