テラコーヒー白楽店 横浜でこだわりのコーヒーが飲める貴重なお店

横浜に引っ越してきて10年。みなとみらいや山下公園、中華街や赤レンガ倉庫など、おしゃれなスポットに囲まれ、買い物はもちろん、おいしい料理やお酒をいただける店がたくさんあるので、とても満足していました。あるひとつの問題を除いて。

あるひとつの問題。それは、おいしいコーヒー店がなかなか見つからないこと。

もちろんコーヒーのチェーン店はたくさんあり、味もしっかりしていると思いますが、日本全国どこでも味わえるコーヒーだと正直物足りない。横浜に引っ越してきて数年。できれば横浜で焙煎されたコーヒーを味わいたいと、チェーン以外のコーヒー店をたくさん巡りました。時には純喫茶のような渋いお店から、新しくできた今風のコーヒースタンドまで。でも結局、私が求めるお店は見つかりませんでした。

 

そんな時、東急東横線の白楽駅においしいコーヒー店があるとのある情報をキャッチします。
そのお店の名は「テラコーヒー」。私は早速向かいました。
神奈川大学の最寄りである白楽駅は、古くから続く商店街をはじめ、個性的なお店が軒を連ねるディープな街。その街の中心地から少し落ち着いた場所にテラコーヒーはありました。

 

ウッド調ですっきりとした店内に一歩足を踏み入れると、コーヒーのいい香りがお出迎え。
店内には世界各国の豆を焙煎した約20種類のコーヒー豆がそろい、奥には焙煎機も確認できました。
スタッフの方に話しかけると、「豆は生産者から仕入れ、このお店で丁寧に焙煎している」とのこと。

 

その日おすすめのコーヒーをミニカップで試飲させていただきながら、実際にコーヒー豆を選ぶ。
とにかくいろいろな種類のコーヒー豆があるので、私は「暑い日が続いているので、さっぱりとしたコーヒーが飲みたい」とリクエスト。スタッフの方がエチオピアの豆を紹介してくれたので、テイクアウトでオーダー。目の前で丁寧にドリップされていく様子も見ることができ、すでに美味しそうな予感。

 

コーヒーができあがり、一口。
フルーティーでありながら深みがあり、後味はさっぱり。
「お、美味しい、うんうん、暑い日にぴったり!スタッフさん最高!」
スタッフの方が私の気持ちを汲んでくれたようで、とても感動した一杯でした。

 

感動さめやらぬ私は、しばらくしてスイーツを販売していることに気付きます。
クッキーやスコーン、マフィンやケーキなどがあるなか、私は聞き慣れない「モカスコーン」を選択。
なんでもこのスコーン、このお店のエスプレッソを使ってアイシングしている一品だそう。
スコーンは、エスプレッソの苦みがアクセントになり、スコーンの甘さとの絶妙なバランスが新鮮。
軽い感じでさくさく食べられて、間違いなくコーヒーと合います。(冷たいミルクにも合うだろうなと妄想)

「久しぶりに横浜で美味しいコーヒーが飲めたな」と満足で笑顔になった私は、このお店の美味しさを家でも味わいたと、エチオピアの豆を200gとモカスコーン、そしてチーズケーキを購入して店を後にしました。

横浜でなかなかお気に入りのコーヒー店が見つからないなか、突如現れたテラコーヒー。
コーヒー豆の産地や焙煎のこだわり、美味しいスイーツ、そしてあたたかい接客と三拍子そろったコーヒー店は、まさに私が求めていた場所。帰って調べると、大倉山にも店舗があるようなので、次の機会はそちらに行こうと思います。

横浜で美味しいコーヒーが飲みたいと思っているのに、なかなか巡りあえないと嘆いている方々。
ぜひこのテラコーヒーで、ほっと一息つける一杯を楽しんでみてはいかがでしょうか。

店舗情報
テラコーヒー 白楽店
住所:横浜市神奈川区白楽129番地
電話番号:045-309-8686

テラコーヒー 大倉山店
住所:横浜市北区大倉山1丁目3-20
電話番号:045-541-6016

ホームページ:http://teracoffee.jp/

コメント